読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog

-気ままに活動のこと、小ネタなどについて綴ります

雇用保険の助成金制度

会社の制度を改正したり、有期契約雇用の方の処遇を改善したりなど、従業員の方が働きやすくする、長く働くための支援を行う取組に対し、国の雇用保険制度で助成しています。


毎年この助成金制度は変更となりますが、平成29年度に改正された助成金制度は厚生労働省のHPで明らかになっています。


国の雇用保険制度の助成金では、例えば計画的に有期契約の従業員の方を正規雇用にする、賃金を上げて有期契約を無期契約に転換するなどの場合には「キャリアアップ助成金」で助成を受けることができます。

「キャリアアップ助成金」は平成29年4月1日から以下のように、生産性要件をみたした場合に増額されるなどの変更がありました。

※<カッコ>内は、生産性要件をみたした場合
※(カッコ)内は、大企業の金額

(1)3コース→8コースにコース区分が変更されました。

(2)正社員化コース
正規雇用労働者に「多様な正社員(勤務地・職務限定・短時間正社員)」を含めることとし、多様な正社員へ転換した場合の助成額が増額されました。

助成金
・有期契約→正規雇用:1人当たり57万円<72万円>(42万7,500円<54万円>)
・有期契約→無期契約:1人当たり28万5,000円<36万円>(21万3,750円<27万円>)
・無期契約→正規雇用:1人当たり28万5,000円<36万円>(21万3,750円<27万円>)

(3)人材育成コース
…中長期的キャリア形成訓練の様式が一般職業訓練と統合され、
1年度1事業所あたりの支給限度額が500万円から1,000万円になりました。

(4)諸手当制度共通化コース (※新規創設)
…有期契約労働者等に関して正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに設け、適用した場合に助成されます。

助成金
・1事業所当たり 38万円<48万円>(28万5,000円<36万円>)

(5)選択的適用拡大導入時処遇改善コース(※新規創設)
…労使合意に基づく社会保険の適用拡大の措置により、有期契約労働者等を新たに被保険者とし、基本給を増額した場合に助成されます。

 

キャリアアップ助成金をはじめとした雇用関係助成金にご関心がある方は、お問い合わせください。

 

参考HP:

厚生労働省平成29年度 雇用関係助成金のご案内

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000159988.pdf

 

厚生労働省キャリアアップ助成金が変わります

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000161219.pdf

 

厚生労働省生産性を向上させた企業は労働関係助成金が割増されます

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137393.html

人材確保に「効く」事例集

活動
厚生労働省『働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト』に
専用のページができ、先日行われた
「人材不足分野における人材確保のための雇用管理改善促進事業セミナー」
の動画と事例集がUPされました。
 
 
人材確保に「効く」事例集もこちらからダウンロードでき、 
人材不足分野における人材確保のための雇用管理改善促進事業(モデル調査コース・その他分野)調査結果(平成29年3月)も掲載されます。
 

f:id:kato_nsr:20170405172730j:plain

 
 

人材確保に「効く」事例集

活動

コンサルタントとして関わらせていただいた事業の事例集ができました!

労働局におかれたり、厚労省ポータルサイト「働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト」にも掲載されるそう。

この事業を通じてステーションの管理者の方々の日々の努力や多くの工夫を知りました。
また、事業局の方々が、人材確保や定着のために役立つ考え方や取り組み例をわかりやすくまとめてくださっています。

ポータルサイトに掲載されたら、またお知らせします。

 

f:id:kato_nsr:20170403172644j:plain

f:id:kato_nsr:20170403172707j:plain

顔が見える関係づくり

日々のこと

「砧地域ご近所フォーラム2017」

3月18日(土)に砧地域ご近所フォーラム2017がありました。

認知症の高齢者を地域ぐるみで繋がりを作って支えることを目的に2010年に始まった、砧地域ご近所フォーラムも今年で7回目になります。

認知症の高齢者だけでなく、地域に住む児童や、医療ケアが必要な乳幼児、児童〜青年、成人の支援活動の環にも広がっています。


このフォーラムが面白いのは、医療、福祉、行政の関係者だけでなく、自治会や利用者も参加していることです。
ケアマネさんが「事例検討会をして情報共有やスキル向上を図ってます」と発表すると、自治会の方から、「情報の保護はどのようになっていますか」と質問が出たり、ケアの受け手の率直な質問に、新鮮な発見があったり。


帰り道、高齢のご近所の方から琉球朝顔とそれを支えるための支柱をもらいました。
私は、熊本の農家さんから取り寄せたポンカンをお裾分けしました。


支え合える、そんな顔が見える関係性を大切にしていきたいです。

f:id:kato_nsr:20170320052959j:plain

CareTEX

日々のこと

2017年3月15日~17日まで東京ビッグサイトでCareTEXが行われています。

 

このCareTEXでは、介護用品やリハビリ機器、介護ロボット、設備・備品などだけでなく、スタッフの採用や教育、経営支援といった運営部門のソリューションの紹介もされていました。

事業者向けの展示会ではありましたが、中華圏の方も多く、看護記録の共有ソフトを紹介するブースなどでも熱心に説明を聞き、質問をしているのも印象的でした。

 

caretex.jp



魅せる防災アイデア

日々のこと

「つくってまもろう」
みんなで集めた防災アイデアNHK NEWS WEBに掲載されています。

 

単3乾電池を1円玉を使って単1にしたり、
災害時にありうる
トイレの問題や、履物の問題、簡易的な医療措置などを
さらっと(一つのアイデアを1分)、
オシャレに見せる、魅せる、
この企画もデザインも良いです。

見ていて引き込まれます。

 

あ、こういう工夫できるよね、と一人一人が知っておくと、

いざというときに、役に立ちますね。

 

 

www3.nhk.or.jp

母校の閉校式

日々のこと

今日は、母校 独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター昭和の森看護学校の閉校式でした。

 

阪神淡路大震災が起きた1995年(平成7年)に母体となる災害医療センターの開設と同時に開校しましたが、大学化になるとのことで、今年3月をもって22年の歴史に幕を閉じます。

 

卒業式に出席して、十数年前に看護学校で仲間と共に学んだ時間のことを思い出し、涙が溢れて止まりませんでした。

患者さんのもつ力を活かし、どのようにその方らしい生活を送れるように支援していくのか、先生方や指導者の方の指導を受けながら、患者さんやご家族の方と一緒に、よりよい看護を提供するにはどうしたらよいのかを仲間と共に学んでいた日々は、今から考えても、貴重な時間でした。

 

今も、その人やその会社が持つ力を活かして、働きやすい環境を整える、資源を活用する、そんな看護の視点を活かして社労士業務に臨んでいます。

 

f:id:kato_nsr:20170309231148j:plain