読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog

-気ままに活動のこと、小ネタなどについて綴ります

『人材確保に効くセミナー』

活動

厚労省事業の「人材確保に効くセミナー」に参加しました。
運輸、保育、訪問看護の人材確保や定着に関する調査、分析に基づいた報告や、
ベテラン社労士の先生方によるパネ
ルディスカッションが行われましたが、

 

採用や定着になるヒントがたくさん。
3業種という別々の業種のカラーがあるからこそ、見えてくるヒントもあり、
メモだらけになってしまいました。


私自身もこの事業にコンサルタントとして参加しましたが、
社労士の先輩達、看護学校時代の友人や臨床ナース時代からの友人達に
助言を受けて随分助けられました。

そして関わらせて頂いた事業所の方々からも!

これからもクライアントさんと寄り添い、伴走し、
時に背中を押したり、時に引き止めたりしながら、
サービス提
供の先を見つめて、事業継続のお手伝いをしていきたいと思います♪

f:id:kato_nsr:20170308060903j:plain

ファイル名の一括変換に便利な方法

パソコン小ネタ

Windowsパソコンのファイルを整理するとき、フォルダにある
ファイル名を一括変換できる方法があります。

 

コマンドプロンプトを使います。

 

■「コマンドプロンプト」を起動するには

以下のような方法があります。

①[スタート]メニューから[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]を選択する。

②デスクトップの画面左下にあるスタートアイコンを右クリックして、クイックアクセスメニューから[コマンド プロンプト]を実行する。(Windows 8Windows Server 2012以降)

③[Windows]+[R]で[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、「cmd」と入力

いずれかの方法で、このような画面が開きます。

f:id:kato_nsr:20170307035142p:plain

 

私はデスクトップ上に任意の作業フォルダを作成して、そのフォルダ上で作業しています。

その後の作業手順。

 

コマンドプロンプトで作業

①フォルダのパス(フォルダーの場所を表す文字列)を入れます。

 ※エクスプローラーにあるアドレスバーをクリックすると、
「パス」というアドレスのような文字列が表示されます。

例)C:\Users\Desktop\作業用

f:id:kato_nsr:20170307035922p:plain

 

②変換したいフォルダのパスをコピーし、cdコマンドで移動させます。

例:「cd C:\Users\Desktop\作業用」と入力して移動。

 

③コマンドを入力します。

例えば、「●●」や「△△」というファイルの名前を「XYZ●●」、「XYZ△△」と変換したい場合、下記のように入力します。

 

for %i in (*) do rename “%i” “XYZ%i”

 

*とはワイルドカードと呼ばれる文字の種類で、任意の長さの文字を表します。

 

一括でファイル名が変換されます。

ーー

 

「看護展望」3月号 臨時増刊号に寄稿しました。

活動ー執筆

メヂカルフレンド社『看護展望』3月 臨時増刊号に

労務管理を踏まえたより良い新人看護職員研修の構築」というテーマで、
モアグロウ労務管理事務所の浜田純子先生と共著で寄稿しました。 

私は教育研修の取り扱いについて法的な注意点を昨年話題になった
電通事件やガイドラインを絡めて書き、浜田先生
は新人を社会人、
魅力ある人材として育成するための心構
えやハラスメントなどの
注意点を中心に執筆して下さいま
した。
浜田先生、ありがとうございます!

今号は臨時増刊号ということもあり、
病院規模別に実際にどのように新人育成を行なっているか、育成を行う
職員をサポートする工夫、外部サービスの利
用など、大変読み応えの
ある内容になっています。

「ひよこノート」や「プリセプター通信」、1年8ヶ月をかけた新人育成や、
デジタル・ナレッジサービス「Cli
ca」を利用したメンタルヘルスサポートなど
とてもユニ
ークな取り組みも掲載されていて、これって、看護職はもちろんの
こと、看護職以外の支援活動にも応用できるなぁ
、と興味深く読みました。

看護国家試験を終えた看護学生さんたちも、今は4月に入職することへの期待と
不安が入り混じった気持ちを抱えて
いることとでしょう。
この3月1日から就職活動が解禁となりましたが、学生が社会人に変わるための
支援する仕組みを作ることで、そし
てそれをきちんと伝えることで、社会人へ
の橋を渡りやす
くすると思います。

ラダーや教育体制、看護組織などを知りたいとお考えにな医療機関などに
関わる社労士の方たちにもオススメした
い冊子です。

https://www.medical-friend.co.jp/biblioDetail.php?b_id=993
 
 

f:id:kato_nsr:20170304064318j:plain

 
ーー